2019年2月20日 水曜日

ビールってすごくないですか?

いきなりですけど、ビールってすごくないですか?

最初は多くの方が既にビールを飲んでいる年上や先輩から「苦いよ」ってネガティブな勧められかたから始まるのに、知らない間に好きになってる、もしくは思考停止でビール飲むようになる・・・やっぱビールってすごくないですか?

 

アルコールの魔力?だったらウォッカを適当なもので割って飲めば良いだけじゃないでしょうか?炭酸欲しければトニックウォーターやらシンプルな炭酸水で割れば良い事で。やっぱりビールにはビールの魅力があると思います。

 

そんなすごいビールってどのようにして造られているかって実はそんなに一般的に知られていないのかもって最近気がつきました・・・実際職場に見学に来られる方などと話をしても、最初はそこから入るのがほとんどですし。こういう温度差が閉鎖的な空気作っている一つの理由かも

 

勝手な想像ですけどブルワーさんたちでもそこまで意識的に閉鎖的にしようと思っている方ってそんなにいないと思うんですよね。僕個人としてはシンプルな疑問を投げかけてもらって答えていく方が押し付けっぽくならないので良いかなって思ってしまって。普通の会話で「ビールってこうやって造るんだぜー・・・」ってならないですし。というより普通に飲んでいる席でそんな話されても逆にビールが楽しめなくなってしまう気もするので、少し難しいところではあるかも。

でもビールを楽しむ上で、ビールがどのようにして造られているかを知ると少し違った角度から楽しめると思うので、次の記事では大まかな仕込みの流れと清洲橋醸造場で使っているタンク類の説明をしようと思ってます。

 

ブログ一覧へ戻る